ミ サ  日曜日    7:00 / 9:00

   月、火、水、木、土曜日 6:30

   金曜日 10:00 

 

  (変更の予定)

4月24日から5月3日の平日のミサはありません。

4月28日(日)は、9時のミサのみになります。

 

聖週間と復活祭のミサ

聖母の被昇天

降誕祭と新年のミサ

 

教会は、いつでも、すべての人に開かれています。

教会は、すべての人のための「神の家」です。この家は、どの民族の人にも、どの国籍の人にも開かれています。

洗礼を受けている人にも、受けていない人にも開かれています。

どうぞ、初めての方もご遠慮なくお越しください。



四葉のクローバーの画像

お知らせ



⭐️7月15日(祝・月)の北摂地区大会で、合同堅信式が行われます。

 幼児洗礼を受けた中高生の子どもたち、また成人の方で堅信を受けておられない方が対象となります。

 教会の教えが生活と結びついたものとなりますように、堅信に向けて準備したいと思います。

 

①新中1・2年生(高校生まで)の1回目の勉強は、3月23日(土)19:00より始めます。

②成人の方で、堅信を受けられる方は、神父さまにお申し出ください。

 

 堅信を受けられる方が、聖霊の豊かな賜物をいただけますように、ともに祈りながら進めたいと思います。

 

 

 月の行事予定を変更しまし

(ミサの予定に変更の可能性があります。)

 

★ 「街角カフェ・ほっこり月19日(金)開店

 

 

⭐︎黙想会について 33日(日)

指導司祭:川邨神父様(芦屋教会)

 

9001100 講話「高山右近とキリシタン大名」について50×2回 途中休憩10分)

11001130 ゆるしの秘跡① 川邨神父様、矢野神父様

11301230 ミサ

・ミサ後 ゆるしの秘跡② 川邨神父様

 

キリスト教入門講座

4月7日に 開講の予定

 

毎月第1と第3日曜日 9時のミサ後

 キリスト教入信を考えておられる未洗者の方を対象に入門講座を行なっています。詳しくは矢野神父にお尋ねください。

 できるだけご希望に沿う形で行いますので、日程などご希望は遠慮なくご相談ください。

今年6月に初聖体を受ける子どもの勉強は、2月より始めますので、希望する子ども(小学校1年生以上)はお申し出ください。

青少年委員会



広報紙「かしの木」巻頭言



 

カトリック信者の処方箋

 

主任司祭 矢野 𠮷


③ 少なくとも年に一度、復活祭のころに聖体を受けること。

今年は典礼暦の関係で復活祭が少し遅いようです(421日)。復活祭が遅い年は春の訪れも遅いとよく言われてきましたが、近年の異常気候でその言い伝えもあやしくなってきました。気候は異常でも私たち信者のカトリック信仰は、しっかりとキリストに結ばれた正常なものでなければなりません。そのための処方箋が「教会の掟」なのです。最小限これだけは大切にしましょうとの教会の願いです。

カトリック信者に限らず、すべてのキリスト教徒は復活祭を何よりも一番大切にします。私たちの罪のためにご自分の命を投げ出し、十字架にかかり死んでくださったキリスト、そして三日目によみがえられたことを決して忘れません。そのことを記念するために信者は主日ごとに教会に集まり、ミサを捧げ、み言葉を聞き、キリストの御体(聖体)を食べるのです。「主の死を思い、復活をたたえよう。主が来られるまで!」と。

 なぜキリストを食べるのか。それはキリストに養われ、キリストに育てられ、キリストに結ばれ、キリストに似る者となるためです。食べるという行為は、とても具体的です。人は、食べないと死にます。信者はキリストを食べないとその信仰は死にます。少なくとも弱くなります。(勿論例外はあります)そうあって欲しくないので教会は大切な復活祭のころに大切な聖体をいただき、キリストとしっかり結ばれて欲しいと願い、この掟を定めたのです。キリストを食べ、キリストに生かされるのでなければ、キリストのご受難、ご死去、ご復活の神秘は分かりません。信仰は頭で考えるのではなく、具体的なことを具体的に生きてゆく中でわかってゆくものです。キリストの命をいただき、真に生きる者となりましょう。

(つづく)