カトリック箕面教会へようこそ

 ミ サ  日曜日    7:00 / 9:00

   月、火、水、木、土曜日 6:30

   金曜日 10:00 

 

12月4日(月)のミサはありません。

12月15日(金)のミサは6:30に変更。

 

降誕祭と新年のミサ

聖週間

聖母の被昇天

 

教会は、いつでも、すべての人に開かれています。

教会は、すべての人のための「神の家」です。この家は、どの民族の人にも、どの国籍の人にも開かれています。

洗礼を受けている人にも、受けていない人にも開かれています。

どうぞ、初めての方もご遠慮なくお越しください。



四葉のクローバーの画像

お知らせ



★ 11月の行事予定を更新しました。

 

★ チャリティバザー1029日(日)10:3014:00に行います。

募金や収益金は九州北部豪雨災害支援や、各種福祉団体への寄付として贈られます。どうぞ、ご協力ください。

 

★ 子どもの祝福(七五三)が行われます

 1112日(日)9時のミサで子どもたちの祝福が行われます。このミサは「子どもとともに捧げるミサ」として行われます。

 お子様の祝福をご希望される方は、お聖堂前のボードの紙にお名前をご記入ください。

 

★ 「街角カフェ・ほっこり1117日(金)開店

 

★ 歳末街頭募金 =東日本大震災支援のため=

123日(日)12001530 箕面駅東側:募金活動  箕面駅前南側の舞台:聖歌

 

★ 待降節黙想会

123日(日)に予定していました黙想会は、1217日(日)に日程が変更になりました。今回も祈りをテーマに計画しています。

 

 

<報告>北摂地区大会、堅信式

 日時:9月18日(祝・月)

 場所:大阪カテドラル 聖マリア大聖堂

 

<報告>鐘の修理工事を行いました。(鐘の音はこちらから

 

 <報告>豊田貴範助祭が司祭に!

320日(月)の春分の日に大阪教区の叙階式があり、豊田貴範助祭が司祭に叙階されました。

 

 

 

十字架

キリスト教入門講座

毎月第1と第3日曜日 9時のミサ後

 キリスト教入信を考えておられる未洗者の方を対象に入門講座を行なっています。詳しくは矢野神父にお尋ねください。

 できるだけご希望に沿う形で行いますので、日程などご希望は遠慮なくご相談ください。

今年6月に初聖体を受ける子どもの勉強は、2月より始めますので、希望する子ども(小学校1年生以上)はお申し出ください。

青少年委員会



広報紙「かしの木」巻頭言



悲しみの聖母 (3)

主任司祭 矢野 𠮷

若松英輔という批評家で随筆家の著書に、『かつて日本人は、「かなし」を、「悲し」とだけでなく、「愛し」あるいは「美し」とすら書いて「かなし」と読んだ。悲しみにはいつも、愛(いつく)しむ心が生きていて、そこには美しとしか呼ぶことができない何かが宿っているというのである。』① また別の著書の中でも、『「悲し」「愛し」「美し」「哀し」はみな「かなし」と読む。詩人の中原中也は「愁し」と書いて「かなしい」と読ませている。五つの別種の「かなしみ」があるのではない。「かなしみ」にはいつも「悲」「愛」「美」「哀」さらに中也であれば「愁」という言葉で語るべき実感が折り重なっている。』②

 聖母の悲しみを想う時、若松さんのこの言葉が心に響きます。

 伝統的な聖母の七つの悲しみについては、『かしの木』の8月号に書きましたが、聖母の悲しみの出来事はその七つに限られるのではなく、現代の世界中の人々の悲しみと深くつながってゆくものです。

 マリアはお告げを受け、その胎にイエスを宿したとき、未婚(・・)()()となりました。未婚の母に対して当時も今も人々は厳しい目で見つめます。イエスが生まれた時、そのゆえにヘロデ王がイエスを殺そうとし、ベトレヘムで二歳以下の子どもたちを殺害しました。マリアの悲しみ、殺された子どもたちの親たちの悲しみ、そしてその難をのがれてエジプトへ脱出、難民となったのです。今世界中にいる難民たちの深い悲しみとマリアの悲しみ、難民(・・)()()となりました。イエスの死刑、マリアは死刑囚(・・・)()()となりました。家族の中に死刑囚が、まして自分の子が・・・・。犯罪人や死刑囚の母親は今も大勢います。世間の目をさけてかくれて生きている母親たち、マリアはそのお母さんたちとつながっています。マリアの悲しみは今も涙いっぱいの人たちと共に居ます。 つづく

①悲しみの秘義 ナナロク社P009

②言葉の羅針盤 亜紀書房P29